HOME | SITEMAP | スターフレックス代理店  
 
 
HOME > 会社案内
● あいさつ
 
貴社益々のご活躍の事とお喜び申し上げます
創業以来39年が経過致しました、思い起こせば業界の技術IT化へと早い勢いで変化し、昨今では職人の技術というより機械の技術となり、どこでも大差のない看板が出来る時代となりました。そんな時代の中私たちは他社との差別化をはかるべく、より丁寧により安全により後々まで安心して頂ける様な
看板づくりに努力を重ねて参りました。

弊社の基本概念は「お客様に喜ばれ信頼されてリピート受注」です。
看板の製作と施行にたずさわり40年近くとなりました。製作の専門的基礎知識のキャリアに基づき、
これからも製品開発を続けて行きたく頑張って行く所存です。

この度Vol.8が出来ました、スターフレックスサインシリーズはアルミ材の押し出しを自ら考案しより軽く、
組み立てやすくサビの出ないアルミ材の特徴を利用して開発しております。
又時代の流れに対応しLED関係の開発も手がけ、より専門分野で考えた使い勝手の良い
製品作り力を入れています。

皆様におかれましては、相変わらずのご指導ご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

 
株式会社 アイ工芸  代表取締役  石川 一弥
 
● 会社概要
会社の名称 株式会社 アイ工芸
設立 昭和52年11月1日
代表者 代表取締役会長 石川 一弥
所在地 本社 173-0026 東京都板橋区中丸町58-9
TEL 03(3974)6237(代)
FAX 03(3974)5594
本社工場 173-0026 東京都板橋区中丸町58-9
新館工場 173-0026 東京都板橋区中丸町58-1
新々館 173-0026 東京都板橋区中丸町58-12
別館 173-0026 東京都板橋区中丸町58-12
第三工場 173-0035 東京都板橋区大谷口北町48-5
資本金 20,000,000円
会 社 役 員 代表取締役会長 石川 一弥
取締役社長 小笠原 一男
専務取締役 石川 幸子
常務取締役 武藤 仁
取締役営業統括本部長 田島 英昭
税務 小井戸会計事務所
社員総数
71名(平成29年6月1日現在)
グループ会社
株式会社 アイ・エス・パートナー
取引先銀行
みずほ銀行 池袋西口支店
朝日信用金庫 板橋支店
巣鴨信用金庫 幸町支店
 
● 営業及び製作品目.
屋外広告塔、ネオン塔、ビルボード、ビジュアルサイン各種看板(アクリル看板、鉄骨看板、トタン看板)デザインテント、ネオン全般、レタリング、各種銘板、金属銘板、カッティングシート、インクジェト出力アクリルディスプレー、シルクスクリーン、熱転写プリント、LED、造型加工サイン 他サイン全般
オリジナルブランド タックル4/タックル2/タックルRYO(LEDモジュール)
スターフレックスサイン(内照式FFシート/アルミボディーサイン)
オリジナルサイン資材等多数 
 
● 会社の沿革
昭和52年11月 現会長 石川一弥が、板橋区中丸町31-7に、屋外広告業有限会社アイ工芸を設立。
昭和56年 板橋区中丸町51-2に事務所・工場を増設。東京屋外広告美術協同組合に加入。
昭和57年8月 屋外広告業届出 東京都知事 2274号
昭和58年 板橋区大谷口北町48-3に第ニ工場を増設。レタリング部を移転。
昭和59年 板橋区中丸町51-6に事務所・工場を移転。
昭和62年 現本社所在地、板橋区中丸町58-9に事務所・工場を移転。レタリング部も同建物に同居。
平成元年4月 板橋区大谷口北町48-3に(有)アイサインを設立、ネオン部門として独立。
平成2年3月 埼玉県和光市南1-26に家族寮建設。
    4月 東京ネオン組合第三支部に加入。
   10月 東京ディスプレイ協同組合に加入。
平成4年8月 板橋区幸町55-8に独身寮を建設。
平成5年7月 板橋区中丸町58-12に本社工場別館を増設。
平成7年2月 一般建設業許可登録 東京都知事 許可(般-21)第100315号取得。
    4月 株式会社 アイ工芸に称号変更。資本金2,000万円に増資。
    8月 オリジナルブランド スターフレックスサイン全国販売開始。
   12月 中国合弁会社 愛工芸ネオン会社設立。資本金1,000万円。
平成8年2月 PL法に基づき電気法乙種届出済。
平成9年7月 板橋区大谷口北町48-5に50坪の組立工場及倉庫借入。
平成10年1月 韓国大邸に北同工場設立。出資金700万円。
   12月 板橋区中丸町58-8(隣地)に100坪建坪180坪の新館増設。
平成13年11月 新々館増設。カッティング部の拡大。
平成14年5月 エアーポップサイン代理店契約(韓国)。
平成15年1月 アマダ・レーザー機導入。
平成16年8月 SII64Sインクジェット導入。
平成17年8月 板橋区大谷口北町48-3に第3工場建替え、3F建建坪150坪。
   10月 SII100Sインクジェット導入。
平成18年1月 東京都 屋外広告業登録 都広 (1)第325号。
    1月 PRS(パワーロータリーサイン)日本販売代理店契約(韓国)。
    4月 関東近郊 22県・市 屋外広告業登録。
    5月 国際貿易輸入代行業 グループ会社:(株)アイ・エス・パートナー設立。
    8月 ローランドFJ-540(水性)インクジェット導入。
平成19年7月 ローランドSC-545EXインクジェット導入。
    9月 石川一弥 代表取締役会長に就任。小笠原一男 取締役社長に就任。
平成20年4月 韓国ソウルに事務所設立。
    5月 チャンネル板金部新設。
    5月 グループ会社:(株)アイ・エス・パートナー が平天ネジ/PPカットボード発売。
    9月 グループ会社:(株)アイ・エス・パートナー がLEDモジュール TACKLE4発売。
平成21年7月

グループ会社:(株)アイ・エス・パートナー がLEDモジュール TACKLE2・
ミューデス・スターフォーム・スターガラリ発売。
    8月
 
グループ会社:(株)アイ・エス・パートナー がネクソンチャンネル・
TANASHITA-BAR・TANABRIGHT発売。
   11月 インクジェット、SII64SからSII64S・plusに入替。
平成22年4月 東京ネオン組合第三支部を脱退。
    5月 アマダ・ベンダー機RG-80導入。
    8月
 
グループ会社:(株)アイ・エス・パートナー が
両面式LEDモジュール TACKLE・RYO開発発売。
  10月 板橋区中丸町59-8に第4倉庫増設。
平成23年3月 インクジェット、SII100SからSII104Sに入替。
    4月 グループ会社:(株)アイ・エス・パートナー がLED投光照明器具 エスポ発売。
現在に至る。
 
● 設備
アーク部
コーナーシャー 2台 アーク溶接機
5台
2.5mベンダー
2台
アルゴン熔接機 8台 2.5mシャーリング機
1台
アマダ・レーザー機
1台
アクリル部
カッティング部
スタフレ部
昇降盤
1台
マッキントッシュ 2台 アルミ切断機(大) 1台
電動研磨機
1台
カッティングプロッター 2台 アルミ切断機(小) 1台
糸鋸ミシン
1台
    バンドソー 1台
   
 
 
コンプレッサー 1台
インクジェット部
デザイン部
テント部
セイコーSII104S(ソルベント)
1台
マッキントッシュ
3台 ミシン 1台
セイコーSII64S plus(ソルベント)
1台
ウィンドウズ
3台 シーミング機
(山本ビジター製)
1台
ローランドFJ-540(水性)
1台
カッティングプロッター
1台 
 
 
ローランドSC-545EX(低溶剤) 1台
ラミネート機
1台
 
 
 
 
チャンネル板金部
水冷式スポット
1台
空冷式スポット
1台
ハンドフォーマー
1台
バッタ
1台
ノッチャー
1台
営業開発部・施工部
車 輌
ウィンドウズ
21台
21Mバケット車
1台
1.5t(ロング)トラック
6台
ウィンドウズ社内サーバー
1台
12Mバケット車
1台
ライトバン
3台
4tユニック車
1台
乗用車
2台 
   
3tユニック車
1台
軽自動車
1台